株式会社リゾーム 都内IT研修会社で唯一
「クラス分けテスト」を導入 2022年度 新入社員研修

研修効果と感染症対策を叶える、
通学とオンラインのハイブリッド型。

少人数制クラス&エンジニアの対面指導で
「個人に向き合う新入社員研修」

受託開発/SES企業の
IT人材採用・育成課題を
知り尽くした、
法人向けエンジニア研修サービス

受託/SES企業の
お客様

90%

20年の実績を持つ
システム開発会社が運営

受講満足度

98.2%

2021年度未経験者向け
IT新入社員研修で高い満足度

研修の修了率

99.4%

抜群の指導力・運営体制で
未経験者も挫折しない

CCNA合格率

98.7%

未経験から1ヶ月で
CCNA合格を達成

※顧客比率:2021年8月時点 ※受講満足度:2021年新入社員研修実績 ※研修修了率:2021年新入社員研修実績 ※CCNA合格率:2020年から2021年の累計合格率

MISSION受託開発/SES企業にとって、
過去最高の新入社員研修をfor Ideas beyond the best imagination.

ウィズコロナ・アフターコロナの時代。
「研修を受けさせる場所、リソース、コストに課題を抱える中小企業のお客様にこそ、お役に立ちたい。」その想いで取り組んでおります。
現在、ITCollegeをご利用いただいているのは90%以上が受託開発/SES企業のお客様。当社の20年分のエンジニア研修・育成課題をもとに、受託開発/SES企業に「今」必要な研修は何かを徹底的に考え抜いた、独自のカリキュラムをご提供します。

導入企業の従業員数

20名以下
20%

100名以下
70%

100名~300名
10%

従業員数100名以下の中小企業のお客様が90%
研修コース受講割合

Javaコース80%

研修実績の8割がJavaプログラミング研修

COURSE
言語・期間別に
充実の研修ラインナップ

2022年4月開講コース

2022年6月・7月開講オプション

COURSE + OPTION SET
目的に合わせて
オプションとの組み合わせも
柔軟に対応

  • SET 01
    「Javaプログラミング
    +Springフレームワークまで学習させたい」

    Java3ヶ月コース
    +SpringBoot(4~7月)研修料金:833,850円(税別)/
    助成金給付額:893,000円

  • SET 02
    「Javaとインフラ両方の基礎を学ばせたい」

    Java2ヶ月コース
    +インフラ基礎(4~6月)研修料金:683,500円(税別)/
    助成金給付額:696,800円

  • SET 03
    「ネットワークエンジニアとして育成したい」

    インフラ2ヶ月コース
    +CCNA資格対策(4~6月)研修料金:677,000円(税別)/
    助成金給付額:675,500円

  • SET 04
    「サーバーエンジニアとして育成したい」

    インフラ2ヶ月コース
    +AWS資格対策(4~6月)研修料金:677,000円(税別)/
    助成金給付額:681,600円

無料お見積もり
ITCollegeの専属担当がご希望をヒアリングし、
最短1営業日で貴社のエンジニア育成に最適な研修・助成金プランをご提案いたします!

無料お見積もり

研修資料ダウンロード(無料)

研修料金、カリキュラムの詳細について詳しくは研修資料をご覧ください!

REASON 01

「新入社員研修で挫折してほしくない。でも、簡単すぎても困る」 一人ひとりに合ったカリキュラムで学ぶ
クラス分けテスト

一人ひとりに合ったカリキュラムで学ぶクラス分けテスト
集合研修の最大の課題は、クラス内で生まれる受講生のレベル差です。
ITCollegeでは、受講人数20名以上のJava/インフラ各コースでクラス分けテストを実施。同じ言語・期間の研修コースでも、初級からハイレベルまで最大3種類のクラスをご用意しているから、一人ひとりのプログラミング経験やIT知識、適性に合わせてもっとも研修効果の出るコース・クラスで受講できます。

クラス分けテストの導入で、
一人ひとりの理解度・満足度・修了率が改善!

小テスト平均点

58.9

66.0

  • 導入前
  • 導入後

受講満足度

94.2%

98.2%

  • 導入前
  • 導入後

研修修了率

97.1%

99.4%

  • 導入前
  • 導入後

※導入前:2017年度新入社員研修実績
※導入後:2021年度新入社員研修実績

ITCollegeがお役に立てる課題

1
内定者に文系・理系が混合しており、経験・IT知識に差があるため研修ゴールを設定しにくい
2
選考時に自社独自の適性試験を実施しており、他社の新人と比べた時のレベル感が分からない
3
オンライン学習/オンライン研修では言語・分野別に一律の学習コースしか用意されていない
4
理解度が高い新人には追加の課題を、低い新人には丁寧なフォローで一人ひとりを引き上げてほしい

導入企業様の声

導入企業様の声
これまでは全員同じ研修内容にしていましたが、今年は同じJava3ヶ月コースでも、上級クラスと超上級クラスに分けました。どちらのクラスも受講生の満足度、現場のエンジニア責任者の評価ともに高く、来年もリピートしたいと考えています。

21年度新入社員研修での受講クラスは?

  • Java上級
    51%
  • Java初級
    42%

同じプログラミング未経験者向け
Java研修コースでも約50%が上級コースを受講

REASON 02

「技術研修こそ対面指導で学ばせたいが、感染リスクが気になる」 研修効果と感染症対策を叶える
ハイブリッド研修

研修効果と感染症対策を叶えるsハイブリッド研修
長引く新型コロナの影響で、受託開発/SES企業の働き方も多様化。
フルリモート、フル常駐、隔日出社、どのような勤務状況でもパフォーマンスを発揮できるように、ITCollegeでは2021年度より「通学とオンラインのハイブリッド研修」を導入し、多様な働き方への適応を訓練しています。

ITCollegeがお役に立てる課題

1
技術研修だからこそ対面でしっかり指導してほしいが、集合研修の感染リスクが気になる
2
技術知識はもちろん、社会人としてのビジネスマナーや責任感・挨拶・勤怠管理を身につけさせたい
3
常駐とリモート、どちらにも適応できるように研修期間中から通学とオンラインどちらも経験させたい
4
オンライン完結だと、内定者同士や他社の新人との交流がなく関係性を築けないまま配属になってしまう

感染症対策を徹底した自社7教室で、ビジネススキルも徹底指導

感染症対策を徹底した自社7教室で、
ビジネススキルも徹底指導

1クラスあたりの受講生の最大人数を従来の50%以下とし、3密を発生させません。加えて、東京都が定める『感染拡大防止ガイドブック(学習塾編)』に準拠した教室運営を行います。

講義をリアルタイムで配信。オンラインでもチーム演習を実施

講義をリアルタイムで配信。
オンラインでもチーム演習を実施

全クラス25名以下の少人数クラスを徹底しているため、オンラインでも受講生に目を行き届かせた質の高い技術指導をご提供できます。動画教材と違い、疑問をすぐに解消できる環境です。

導入企業様の声

導入企業様の声
ハイブリッドは通学とオンラインのイイとこ取りですよね。通学とリモート、どちらでも成果を出すという意識付け・訓練にもなる。毎週2日間は通学できるので、受講生たちも情報交換ができたり、信頼関係が深まったようで助かりました!

22年度の研修スタイルの希望は?

  • ハイブリッド
    52%
  • 通学
    27%

21年度新入社員研修 導入企業のうち、
50%以上が22年度もハイブリッドを希望

REASON 03

「集合研修だと研修効果にバラつきが出る」 「個人に向き合う」少人数制クラス
&エンジニアの対面指導

「個人に向き合う」少人数制クラス&エンジニアの対面指導
全コース25名以下の少人数クラスで、講師が常に全員の顔を見ながら日々の課題や成長をフィードバック。1クラスあたり、エンジニア講師2名を配置しております。

オンライン時も、すべての講義をリアルタイムで配信。一人ひとりの進捗・理解度に合わせて講師が課題追加や受講生との質疑応答など、柔軟にフォローいたします。

ITCollegeがお役に立てる課題

1
開発プロジェクトの現場を知る、経験豊富なエンジニア講師に実体験を交えながら技術を教えてほしい
2
オンラインでもリアルタイムで講義を受けられて、質問・疑問をすぐに解消できる環境が良い
3
プログラミング未経験者が多いので、挫折しないよう気付いたらすぐにフォローしてほしい
4
受講生の理解度や受講態度については、講師の目線で評価して日々報告してほしい

導入企業様の声

導入企業様の声
今年初めて利用しましたが、正直集合研修でここまでフォローアップしていただけるとは思っていなかったので、非常に満足です。最終日の成果発表会ではプログラミング未経験だった新人の成長した姿を見て、私も感動しました。

21年度新入社員研修の修了率は?

  • プログラミング未経験者も含め
    99.4%

21年度新入社員研修 受講生のうち、
途中で脱落してしまったのは1名のみ(0.6%)

無料お見積もり
ITCollegeの専属担当がご希望をヒアリングし、
最短1営業日で貴社のエンジニア育成に最適な研修・助成金プランをご提案いたします!

無料お見積もり

研修資料ダウンロード(無料)

研修料金、カリキュラムの詳細について詳しくは研修資料をご覧ください!

VOICE
抜群の運営&フォロー体制をご評価いただき、
他社研修からの
乗り換え満足度は

98%

  • 外部講師ならではの厳しい目線で指導

    株式会社ユニバーサルコムピューターシステム

    管理本部 採用教育部 課長 杉本様

    プログラミング技術だけではなく挨拶やルール順守など、社会人としての立ち振る舞い面でも大変ご指導いただきました。内部の講師の指導では甘くなってしまいがちな部分についても、外部講師だからこその目線でしっかり見てくださったと実感しています。

  • 感染症対策がされた安全な研修会場で学べる

    株式会社VITA

    代表取締役 杉﨑様

    感染症対策がされた安全な研修会場に毎日通って「働くってこういうことなんだ」って、実感できる場を提供していただけたのは大きいですよね。緊急事態宣言が出てからはオンライン完結に切り替えて、研修を最後までやりきれたのは本当に感謝しています。

  • IT業界で働くやりがいを感じられる

    株式会社ベイル

    Y.Sさん

    講師の方が毎朝、プログラマーやIT業界で働くことに対して雑談を交えながらアドバイスをくださった時間をとても楽しみにしていました。今回は初級コースを受講しましたが、ぜひ上級コースなどレベルの高い研修も参加してみたいと感じています。

  • チーム開発からビジネスマナーまで学べる

    CastleSystem株式会社

    D.Hさん

    Javaプログラミングのスキルはもちろん、他社の方々とのチーム開発など共同作業やビジネスマナーまでも教えていただき、非常に勉強になりました。一人の人間として成長できたと感じています。

  • 未経験者にも難しすぎず、簡単すぎない

    ネクストソリューションズ株式会社

    T.Kさん

    カリキュラムは難しく、かと言って不可能なものでもない、ちょうど良い難易度設定でした。質問対応では、私が期待していた以上に講師の方が丁寧な回答をしてくださり、関連知識の理解度も深まったので指導力に満足しています!

  • どんな初歩的な質問にも講師がサポート

    株式会社P&Pビジネスコンサルティング

    K.Nさん

    講義中に分からないところがあった際は、どんなに些細なことでも丁寧に質問に応えてくださりました。初心者ですが、ポジティブな気持ちで研修へ参加することができたのは講師のサポートのおかげだと思います。

  • 仕事に取り組む姿勢や品質管理も学んだ

    株式会社B-CRUISE

    A.Oさん

    オンライン講義を受講しましたが、こちらのペースを確認しながら進行してくださったので、初心者でもついていけました。また仕事に取り組む姿勢や、チーム開発の課題提出後には品質管理についても指導してくださり、大変勉強になったと感じています。

  • 速く終わった受講生には追加の課題も

    株式会社サンソウシステムズ

    S.Mさん

    難易度が高い課題はクラスの全員が理解できるまでゆっくり、スピードを落として説明してくれました。初心者を手厚くサポートしながら、速く終わった受講生には追加課題も用意してくれたので、遅すぎず速すぎず、非常に良い学習環境だったと思います。

  • 現場で働く上で大切なことも教えてくれる

    株式会社アプリコットネットワーク

    Y.Fさん

    インフラ知識はもちろん、現場で働く上で大切なこと、厳しいことなど、たくさん教えてくださりました。研修を通して見つけた自分の未熟な部分、足りない部分もこれからの業務を通して改善し、成長していきます。

SUPPORT研修のあらゆる課題を無料サポート

SUPPORT 01

厚生労働省
「人材開発支援助成金」の
申請を無料でサポート

厚生労働省「人材開発支援助成金」の申請を無料でサポート
当社がサポートしたお客様の助成金給付率は、4年連続100%を達成。専門スタッフが助成金申請のサポートを無償で行いますので、はじめて助成金をご活用する企業様もご安心ください!
当社代表は社会保険労務士の資格を保有しており、兼務で「リゾーム社労士事務所」を運営。豊富な助成金知識を活かし、当社専属スタッフが事前申請から研修後の支給申請までフォローいたします。

ITCollegeがお役に立てる課題

1
1名あたり数十万円かかる新入社員研修コストを、助成金でなるべく低価格に抑えたい
2
助成金を活用したことがなく、助成金の仕組みや受給に必要な研修の要件が分からない
3
厚生労働省へ提出する膨大な申請書類の作成に割く時間がない
4
助成金の専門知識を持った専門の担当者がフォローしてくれる会社に丸っと任せたい

導入企業様の声

導入企業様の声
もっともメリットのある助成金プランの選定から申請書類の作成まで、きめ細やかにフォローしていただけました。活用できる助成金制度自体はどの研修会社も同じですが、昨年までの研修会社と比べITCollegeはサポートの質が高いと感じています。

研修料金を最大何%カットできる?

  • 中小企業のお客様は最大
    94%

研修コースの料金を最大94%補えます。
また、一部のオプションは実質0円で受講可能!

※助成金受給には条件があります。条件を満たしており、弊社がサポートさせていただいた企業様の直近3年間の給付率は100%となっておりますのでご安心ください。

SUPPORT 02

無料の内定者研修から、
研修中の日報/週報まで
オンライン完結

無料の内定者研修から、研修中の日報/週報までオンライン完結
専用Eラーニングは、研修お申し込み人数分のアカウントを、お申し込みから1年間無料でご利用いただけます。
各単元の学習内容は新入社員研修各コースの研修カリキュラムと同じですので、内定者研修にご活用ください。

また、管理者アカウント(無料)でログインすれば研修期間中も受講生の日報、講師からの週報をスマートフォンからもご確認いただけます。

ITCollegeがお役に立てる課題

1
Eラーニングや動画教材を活用して、内定者研修でIT基礎を学ばせたい
2
研修開始前に内定者の理解度や適性をチェックしておいて、研修後と比較したい
3
研修期間中、離れていても日報/週報で受講生の状況・研修理解度・進捗を把握したい
4
プレゼンや成果発表会中の受講生の様子は後日動画で見直したり、社内の関係者へも共有したい

導入企業様の声

導入企業様の声
研修を自社で行っていた時は誰に担当してもらうか、カリキュラムはどうするか毎年頭を悩ませていたんです。ITCollegeに新入社員研修を依頼すれば、カリキュラムに合わせた内定者研修も無料で実施できるのはありがたいですね。

Eラーニングの目安学習時間は?

  • Javaコースのセットなら
    185時間

Javaコースなら目安185時間、インフラコースなら
目安105時間のEラーニングコンテンツをご用意

お見積もり・お申し込みについて

Q
研修プランの相談やお見積もりは無料ですか?
A
はい、無料です!お見積もりの際には、厚生労働省の人材開発支援助成金(特定訓練コース)から、貴社にもっともメリットが出る助成金プランもご提案させていただきます。
Q
新入社員研修の申し込み期限はいつですか?
A
助成金を活用されたい場合は以下となります。

新規で雇用する正社員が研修を受講される場合:「研修開始の1週間前」までお申し込み可能です。
既存社員や契約社員の場合:「研修開始から1ヶ月1週間前」までお申し込み可能です。
助成金を活用されない場合は、一律で「研修開始の1週間前」までお申し込みいただけます。
Q
1名だけ研修に申し込むことはできますか?
A
1社1名様からお申し込みいただけます!

集合研修となるため、他社の新入社員の方ともグループワーク・チーム開発を通してコミュニケーションを取ることができ、切磋琢磨しながら技術を学べる環境です。
Q
研修を受講する際、準備するものはありますか?
A
インターネット回線の準備のみお願いします。

研修用ノートPCや研修テキスト等、研修受講に必要な機材・教材はすべて料金に含まれております。
また、通学時は感染症対策を徹底しており、教室にはマスク、体温計、アルコール消毒液、ペーパータオル、アクリルパーテーションなど、感染防止に必須となる備品も常備しております。

ITCollegeについて

Q
どんな企業の研修実績がありますか?
A
毎年4月~6月にかけて開催する新入社員研修では、10名~100名規模の受託開発/SES企業様を中心に、毎年300名以上の新入社員の方にご受講いただいています。
また、合同会社DMM.com様、株式会社ぐるなび様、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社様といった、大手企業のお客様にもご導入いただいております。

新入社員研修のうちから社内SE職や自社内開発、法人営業職など受講生の配属先によって研修内容を変えたいお客様も、ぜひご相談ください!まずは貴社のビジネスモデルや各職種に必要なスキルセットなどをヒアリングした上で、フィットするカリキュラムを提案させていただきます!
Q
カリキュラムに特徴はありますか?
A
ITCollegeでは、研修コースおよびクラス分けテストの結果に応じて、異なる難易度・研修ゴールを設定しています。
未経験からJavaプログラミングを学びたい方、経験者でより高度な開発技術を学びWebサービスを開発したい方など、受講生のプログラミング適性や経験に合わせて最適なプランを提案させていただきます。

また、オーダーメイド研修では、企業様のご希望に合わせて、研修の目的にフィットするようすべてオーダーメイドでカリキュラムを提供いたします。もちろん、各研修内容(開発言語、クラウド、フレームワーク、Git、マネジメントなど)に応じて、その分野に精通したプロパーのエンジニア講師をアサインいたします。
Q
なぜ文系・理系でクラスを分けないんですか?
A
過去4年間の弊社実績として、学習理解度の高低には、文系・理系など出身学部よりもプログラミング適性のほうが影響が強い、という結果が出ております。

ITCollegeでは2018年度より、Javaコースを対象にクラス分けテストを実施して参りました。プログラミング適性に合わせて研修期間・ゴールが異なる各クラスから最適なクラスをお選びいただくことで、一人ひとりの理解度を高め、必要な知識を過不足なく習得することができます。(※対象はJavaコース、インフラコースとなります。)

「同期の信頼関係を築くために、全員同じクラスにしたい」等ご希望があれば最大限考慮させていただきます。ただ、過去の結果としても、プログラミング適性が平均未満の方を上級クラスに配属した場合、研修効果が下がってしまう事例がございますので、可能な限りクラス分けテストに沿ってクラスをお選びいただくことをおすすめしております。
Q
毎週必ず決まった曜日に通学するんですか?
A
研修コースおよび配属先のクラスに応じて、通学とオンライン各日程を事前に割り振ります。
お申し込みいただくコース・クラスにより「月・火が通学」「木・金が通学」いずれかとなります。
詳細は担当よりご説明いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
Q
見積もり~研修修了までのフローは?
A
担当者より詳しくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください! 一般的には以下の流れとなります。

■お申し込み前
1.お打ち合わせ・ヒアリング
2.(クラス分けテスト対象コースの場合)適性テストのご案内(無料)
3.テスト結果をもとに、弊社より推奨コースのご提案
4.研修お申し込み

■お申し込み後
1.Eラーニングアカウントの発行
2.助成金申請書類の作成支援
3.2022年4月より、各コース所定の研修日程で受講
4.2022年4月末付けで請求書を送付

■研修終了後
1.研修修了報告書の納品
2.助成金申請書類の作成支援
3.助成金給付
Q
研修後のサポートはありますか?
A
はい、毎年10月には「フォローアップセミナー」を開催しております!

当社の新入社員研修をご受講いただいた方を対象に、毎年10月には先輩社員になる準備・心構えを学ぶ「フォローアップセミナー」を開催しております。
無料セミナーですので、ぜひご活用ください。
また、セミナーの詳細については担当より詳しくご説明させていただきますので、まずはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください!

新型コロナ対策について

Q
感染症対策が知りたいです
A
詳細は「2022年度新入社員研修の新型コロナウイルス感染症対策」ページをご覧ください。2022年度新入社員研修においては、1クラスあたりの受講生の最大人数を従来の50%以下とし、3密を発生させません。(全クラス25名以下の少人数クラス)

加えて、東京都『感染拡大防止ガイドブック(学習塾等)』に準じた座席配置を行います。また、厚生労働省や東京都が定めるガイドライン等をもとに、弊社でも独自の感染症対策ガイドラインを制定し、研修終了時まで弊社社員ならびに受講生の皆様が遵守するよう、徹底した運営を行います。
また教室にはマスク、体温計、消毒液、ペーパータオル、アクリルパーテーションなど、感染防止に必須となる備品を準備いたします。
Q
研修期間中に緊急事態宣言が出た場合は?
A
緊急事態宣言中も、現時点では2021年度に引き続き、通学とオンラインのハイブリッド研修を継続予定です。ただし仮に、2022年度研修開始時点で「東京都より施設利用の停止要請を弊社が受けた場合」および「研修途中に同様の要請を受けた場合」は、全教室一律で完全オンライン研修へ変更させていただきます。ご理解のほど何卒お願い申し上げます。
Q
講師を派遣できますか?
A
お客様社内やご支店、外部の研修会場に常駐しての研修をご希望のお客様へは、オーダーメイド研修プランをご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください

受講料金、助成金について

Q
受講料金の支払いはいつですか?
A
研修開始月 末締め・翌月末払いとなります。弊社からご請求書をお送りいたします。
Q
助成金を受給する条件が知りたいです
A
厚生労働省の人材開発支援助成金(特定訓練コース)が活用できます!人材開発支援助成金とは、雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職務に関連した専門的な知識および技能の普及に対して助成する厚生労働省の制度です。詳細は助成金サポートページをご覧ください。
Q
助成金の種類に制限はありますか?
A
厚生労働省の人材開発支援助成金(特定訓練コース)を受給するには、以下の条件を満たしている必要があります。詳細は担当より詳しくご説明させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
1.助成金の不正受給を5年以内に行っていないこと(不支給措置期間でないこと)
2.過去1年間の間に、労働関連法令の違反を行っていないこと
3.計画届日の前日から起算して「6ヶ月前から研修終了後の支給申請提出日の間に、解雇(会社都合退職)を1名も行っていないこと
4.研修開始日から1ヶ月前までに、計画届の提出を済ませること
5.研修終了日の翌日から起算して2ヶ月以内に、支給申請書の提出を済ませること
6.受講者が研修総時間に対して80%以上出席をしていること
7.研修期間中も、労働条件通知書どおりの賃金を支払うこと
Q
研修中に休暇を取ることはできますか?
A
1ヶ月あたり2~3日の範囲内であれば、まったく問題ありません。研修中に帰社日や自社面談を設けることも可能です。
講義内容については動画で後日共有し、質問対応も行いながら受講生の方をフォローしています。
Q
内定者が内定辞退した場合は?
A
内定辞退や留年など、キャンセルの理由が貴社の責めに帰さない場合は、キャンセル料金は発生しませんのでご安心ください。
Q
受講前のキャンセル料金は発生しますか?
A
受講1ヶ月前までのキャンセルについては料金は発生しません。受講開始1ヶ月前~2週間前のキャンセル:講座料金の20%、2週間前~前日でのキャンセルは講座料金100%をご請求させていただきます。
Q
途中で研修を終了することになった場合は?
A
途中終了の理由が業務配属など会社都合の場合、各コースの研修料金の100%をご請求させていただきます。途中終了の理由が退職など受講生の都合による場合、受講日数をもとに日割り計算でご請求させていただきます。助成金については諸条件がございますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。

CONTACT
新入社員研修の
無料お見積もりはこちら

ご希望の研修コース

研修予定人数

ご希望の助成金プラン

ご質問内容

なんでもお気軽にお問い合わせください!必須項目です。